悪徳業者に騙されないために

年々需要の増えるリフォーム業界は、悪徳業者のターゲットになっており、手口も悪質で
巧妙になってきています。
しかも、被害額も数万円から数千万円までバラつきがあり自分たちが騙されていることに気づいていない方も多くいらっしゃいます。

しかし、金額は高くなくても粗悪なリフォーム工事をされたことによって、
大切な自宅が欠陥住宅になってしまったというケースもあります。

そういったことを起こさないためにも、悪徳リフォーム業者の特徴を確認しましょう。

「今日中に契約していただければ、~%割引です。」と本日中の契約を迫る。
いちどことわってもしつこく訪問してくる
クーリングオフについての説明が無い
担当者の親族はよく病気にかかり入院している
金額が高くてもローンで払わせようとする。最近はサラ金と組んでいる場合もあります。
自らの非を認めずにこちらの揚げ足をとってくる
契約すると解約できないと言う
無料診断をしてもらうと大抵ヒビやカビだらけ
騙したとか詐欺だとかいう言葉に非常に敏感

 

悪徳業者に騙されないポイント

リフォームの悪徳業者

第一に大切なことは、営業されてもその場での契約は絶対に行わないことです。
もし、契約してしまっても訪問販売の場合は契約から8日以内であれば「クーリング・オフ」で解約できます。また、悪質な場合は期日を過ぎても解約することができます。
おかしいなと思ったら一旦断ってください。すぐに「財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター」 や 「全国の消費生活センター」 等に相談して下さい。その日だけのキャンペーンで数万円を追って、数百万を損する可能性がありますよ。
そして、訪問販売の場合は100%不安を煽る事を言ってきます。ですので自分で家の状態を把握しておくために定期的な住宅点検を行うとよいでしょう。定期的な確認によって訪問販売の言葉が本当かどうかがわかります。



お問い合わせボタン

Copyright(c) 2012 Konuma-Kawara All Rights Reserved.